TOP > 決算 > 決算整理 > 現金過不足の処理

現金過不足の処理

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

現金過不足を覚えていますか?

『現金過不足』とは、帳簿上の現金額と実際の現金額が違う時に使う、仮の勘定科目でしたね。

現金過不足のページで勉強したように、現金過不足の仕訳をする場面は次の3通りでした。

現金過不足の仕訳をする場面

①と②の仕訳については、現金過不足のページで勉強しました。
このページでは、③「決算まで原因が分からなかったとき」の仕訳について勉強します。

現金過不足の決算時の仕訳

『現金過不足』は「仮の勘定科目」です。
ですから、決算までこの勘定科目の残高がある場合は、 これを取り消し(残高をゼロにして)、正式な勘定科目に置き換えなければなりません。

『現金過不足』の借方残高がある場合(現金が不足している場合)は、
『何かの費用が発生した』と考えて、『雑損(費用)』に置き換えます。

雑損

『現金過不足』の貸方残高がある場合(現金が過剰にある場合)は、
『何かで儲けた』と考えて、『雑益(収益)』に置き換えます。

雑益

では、例題を解いてみましょう。

例題1

期末を迎えた。現金過不足(借方)が800円あるが、原因が不明のままなので、雑損または雑益として処理する。

例題1

例題2

期末を迎えた。現金過不足(貸方)が500円あるが、原因が不明のままなので、雑損または雑益として処理する。

例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


20 4 5 3 0 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ