テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

帳簿上の現金額と、実際の現金額は、常に一致するはずです。
しかし、現金を支払った時や、受け取った時に、仕訳をするのを忘れてしまうと、ズレが発生します。

このズレを現金過不足と言います。

現金過不足の仕訳

現金過不足の仕訳をする場面は次の3通りです。

現金過不足の仕訳をする場面

(決算とは、1年間の収入と費用を計算して、貸借対照表や損益計算書を作ることです。)

このうち、「③ 決算まで現金過不足の原因が分からなかった時」については、現金過不足の処理で学習しますので、 このページでは①と②について見ていきましょう。

仕訳をする時は、勘定科目『現金過不足』を使います。
『現金過不足』は仮の勘定科目で、資産、負債、純資産、収益、費用のどれにも分類されません。

現金過不足を見つけた時

現金過不足を見つけた時は、帳簿上の現金額を、実際の現金額に合わせる仕訳をします。
例えば、実際の現金額が500円足りない時は、『現金(資産)』の減少と考え、貸方(右)に仕訳します。

借方金額貸方金額
現金500

続いて、『現金』の反対側には、『現金過不足』を記入します。

借方金額貸方金額
現金過不足500現金500

現金過不足の原因が分かった時

現金過不足の原因が分かった時は、「① 現金過不足を見つけた時」と反対側に、『現金過不足』を記入します。
上の例では、『現金過不足』は借方(左)に記入しているので、原因が分かった時には、『現金過不足』を貸方(右)に記入します。

借方金額貸方金額
現金過不足500

続いて、『現金過不足』の反対側は、本来の勘定科目を記入します。
例えば、電車代の記帳を忘れていたのが原因だった場合は、『旅費交通費(費用)』を記入します。
(『旅費交通費』については、小口現金で学習するので、ここで覚える必要はありません。)

借方金額貸方金額
旅費交通費500円現金過不足500

①と②の例を連続して見てみましょう。

借方金額貸方金額
現金過不足500現金500
借方金額貸方金額
旅費交通費500円現金過不足500

2つの仕訳の借方と貸方の現金過不足を相殺すると・・・

借方金額貸方金額
旅費交通費500円現金500

だけが残りますね。これが「忘れていた本来の仕訳」というわけです。

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店の現金の実際有高は、帳簿残高より100円多かった。

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

例題1で多かった100円は、ペンキチ商店に商品を売り上げた時に、記入し忘れたものであると分かった。

例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


20 4 2 1 2 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ