TOP > 決算 > 決算整理 > 売上原価の算定

売上原価の算定

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

売上原価と売上総利益

売上原価とは、当期に売り上げた商品の仕入金額です。
売上総利益とは、当期の商品売買によって儲けた金額です。
なので、売上原価と売上総利益には次の式が成り立ちます。

[ 売上総利益 ] = [ 売上高 ] - [ 売上原価 ]

例えば、当期の売上高が1,500円で、売上原価が700円の場合、売上総利益は次のようになります。

式)1,500 - 700 = 800(円)

さて、この売上原価、一見『売上原価 = 仕入高(仕入勘定の残高)』のような気がしますが、実はこのままでは、この等式は成り立ちません。

決算整理前の仕入高には、「当期に売れ残った商品」も含まれているからです。
これを、期末商品棚卸高[ きまつしょうひんたなおろしだか ]と言います。

よって、決算整理で、期末商品棚卸高の分を『仕入(費用)』から『繰越商品(資産)』に振り替える必要があります。

例えば、決算整理前の仕入高が1,000円、期末商品棚卸高が300円の場合、300円分を『繰越商品(資産)』に振り替え、仕入高を700円にします。

期末商品棚卸高の振り替え
繰越商品

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

  • (1)商品12個(@60円)を仕入れ、代金は現金で支払った。
  • (2)(1)の商品のうち、4個(@100円)を売上げ、代金は現金で受け取った。
  • (3)期末を迎えた。期末商品棚卸高は8個(@60円)である。
例題1

期首商品棚卸高がある場合の仕訳

例題1では、期首に「前期に売れ残った商品」(これを、期首商品棚卸高[ きしゅしょうひんたなおろしだか ]と言います。)がない場合の仕訳をしました。
次は、期首商品棚卸高がある場合の例について考えてみましょう。

期首商品棚卸高がある場合は、これを当期分の仕入高として計上します。
よって、決算整理で、『繰越商品(資産)』から『仕入(費用)』に振り替える必要があります。
※ 期末商品棚卸高だけでなく、期首商品棚卸高についても、決算整理で振り替えます。

例えば、決算整理前の仕入高が600円、期首商品棚卸高が400円、期末商品棚卸高が300円の場合、
400円分を『繰越商品(資産)』から『仕入(費用)』に振り替え、
300円分を『仕入(費用)』から『繰越商品(資産)』に振り替えるので、
仕入高(売上原価)は700円となります。

期首商品棚卸高と期末商品棚卸高の振り替え

では、例題を解いてみましょう。

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

  • (1)期首商品棚卸高は3個(@80円)である。商品5個(@80円)を仕入れ、代金は現金で支払った。
  • (2)(1)の商品のうち、6個(@100円)を売上げ、代金は現金で受け取った。
  • (3)期末を迎えた。期末商品棚卸高は2個(@80円)である。なお、売上原価は仕入勘定で計算する。
例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


40 4 5 3 0 1 9
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ