TOP > 決算 > 決算整理 > 固定資産の減価償却

固定資産の減価償却

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

固定資産を覚えていますか?

固定資産とは、お店が営業するために、長く使っていく資産(『備品』、『車両運搬具』、『建物』、『土地』)でしたね。

固定資産の仕訳をする場面は、次の4通りでした。

①、②については、固定資産のページで勉強済みです。
このページでは、③、④について勉強します。

減価償却とは?

トラックを例に考えてみましょう。新品と中古の値段は違いますよね?
固定資産を使うと、時間の経過とともに価値が減ってしまうのです。

そこで、決算の時にどのくらい価値が減ったのかを見積もって、これを費用として計上します。
これを減価償却(げんかしょうきゃく)と言い、勘定科目『減価償却費(費用)』を使います。

減価償却費

減価償却費の計算

減価償却費は、取得原価耐用年数(たいようねんすう)残存価額(ざんぞんかがく)を使って計算します。
まず、それぞれの語句の意味をおさえましょう。

  • 取得原価
  • 固定資産のページでも勉強しましたが、 購入代価(固定資産そのものの代金)と付随費用(固定資産を購入するための手数料など)の合計金額です。
  • 耐用年数
  • 固定資産を購入してから使えなくなるまでの年数です。
  • 残存価額
  • 固定資産を耐用年数分使い切り、使用できなくなった時の処分価額です。

減価償却費の計算方法には、いろいろなものがありますが、簿記3級で出題されるのは定額法(ていがくほう)と呼ばれる計算方法です。
定額法では、固定資産の価値が毎年同じだけ減少すると仮定して、減価償却費を計算します。

減価償却費の計算イメージ

では、減価償却費の計算式を見てみましょう。

[ 減価償却費 ] = ([ 取得原価 ] - [ 残存価額 ])÷[ 耐用年数 ]

例えば、取得原価が10,000円、残存価額が1,000円、耐用年数が5年の固定資産の場合、減価償却費は次のようになります。

式)(10,000 - 1,000)÷5 = 1,800(円)

減価償却費の計算イメージ

決算になった時の仕訳

減価償却の仕訳には、直接法間接法があります。

どちらも、『減価償却費(費用)』を借方(左)に仕訳するのは同じですが、
直接法は、価値が減少する固定資産の勘定科目(『車両運搬具』、『建物』、『備品』)を貸方(右)に仕訳し、固定資産の金額を直接減らします。 (『土地』は使用によって価値が減少するわけではないので、減価償却の対象にはなりません。)
一方、間接法は、固定資産の金額を直接減らさず、『減価償却累計額(げんかしょうきゃくるいけいがく)』という勘定科目を貸方(右)に仕訳します。

では、例題を解いてみましょう。

例題1

期末(X3年12月31日)を迎えた。当期首(X3年1月1日)に購入したトラックについて減価償却を行う。 なお、減価償却の方法は定額法(取得原価15,000円、耐用年数10年、残存価格は取得原価の10%)である。
(直接法と間接法で仕訳すること)

例題1
解答・解説を表示

時間が経ってから固定資産を売った時

時間が経ってから固定資産を売った時は、その固定資産の価値を計算してから、 『固定資産売却益(収益)』や『固定資産売却損(費用)』を求めます。

減価償却費の計算イメージ

では、例題を解いてみましょう。

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、X4年1月1日に、3年前(X1年1月1日)に購入したトラックをペンゾウ商店に10,000円で売却し、代金は現金で受け取った。 なお、減価償却の方法は定額法(取得原価15,000円、耐用年数10年、残存価格5,000円)である。
(直接法と間接法で仕訳すること)

例題2
解答・解説を表示

例題3

次の取引を仕訳しなさい。

X4年6月30日に、3年半前(X1年1月1日)に購入したトラックをペンゾウ商店に13,000円で売却し、代金は現金で受け取った。 なお、減価償却の方法は定額法(取得原価15,000円、耐用年数10年、残存価額5,000円)である。
(直接法と間接法で仕訳すること)

例題3
解答・解説を表示

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


40 4 5 3 0 1 2
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A

学習メモ

学習メモ