TOP > 決算 > 決算整理 > 費用と収益の見越し

費用と収益の見越し

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

費用の見越しとは?

家賃を1年分後払いする例を考えてみましょう。

例えば、今年の4/1~来年の3/31までの12ヶ月分の家賃1,000円を、来年の3/31に現金で後払いしたとしましょう。
決算日が12/31だった場合、来年の1/1~3/31の3ヶ月分は次期の家賃ですが、今年の4/1~12/31の9ヶ月分は当期の家賃です。
なので、250円分は次期の費用として計上し、750円分は当期の費用として計上したいところです。

当期の家賃と次期の家賃

しかし、簿記では支払い時(例では来年の3/31)に、1,000円分全てを費用として計上する決まりになっています。
よって、そのままでは当期分の費用も、次期分の費用として計上されてしまいます。
そこで、決算の時に次期の費用ではない750円分を、次期の費用から減らして当期の費用として計上する手続きをします。
これを、費用の見越し(みこし)と言います。

費用の見越しに関する仕訳には、次の3通りの場面があります。

決算になった時(当期の処理)

次期に後払いする費用のうち、当期分の費用として計上すべき分を、費用の勘定科目を使って計上します。
相手勘定科目は『未払○○(負債)』という、「当期の費用を後で支払う義務」を表す勘定科目です。

借方金額貸方金額
支払家賃750未払家賃750

費用の見越しでは、家賃の他に、利息、給料、地代が出題されることもありますが、考え方は同じです。

支払家賃・支払利息・給料・支払地代
未払家賃・未払利息・未払給料・未払地代

これで、当期の『支払家賃(費用)』に750円が計上されました。

翌期首になった時(次期の処理)

決算の時と逆の仕訳(再振替仕訳)を行います。

借方金額貸方金額
未払家賃750支払家賃750

費用を後払いした時(次期の処理)

後払いした全額を、費用の勘定科目を使って計上します。

借方金額貸方金額
支払家賃1,000現金1,000

これで、次期の『支払家賃(費用)』は、②の分を差し引いて250円(1,000円 - 750円)が計上されます。

例題1

  • (1)X3年10月1日、銀行から、借入期間1年、年利率5%、利息は返済時に支払うという契約で、現金8,000円を借り入れた。
  • (2)X3年12月31日、決算を迎えたので、(1)の当期分の利息を見越計上する。
  • (3)X4年1月1日、翌期首になったので、利息の再振替仕訳を行う。
  • (4)X4年9月30日、(1)の返済日となり、利息とともに現金で支払った。
例題1

収益の見越しとは?

収益の見越しの考え方は、費用の見越しと全く同じで、使う勘定科目が違うだけです。
なので、時間のない方は、ここから先は斜め読みでも大丈夫です。

手数料を1年分後払いで受け取る例を考えてみましょう。

例えば、今年の4/1~来年の3/31までの手数料1,000円を、来年の3/31に現金で受け取るとしましょう。
決算日が12/31だった場合、来年の1/1~3/31の3ヶ月分は次期の手数料ですが、今年の4/1~12/31の9ヶ月分は当期の手数料です。
なので、250円分は次期の収益として計上し、750円分は当期の収益として計上したいところです。

当期の手数料と次期の手数料

しかし、簿記では支払い時(例では来年の3/31)に、1,000円分全てを収益として計上する決まりになっています。
よって、そのままでは当期分の収益も、次期分の収益として計上されてしまいます。
そこで、決算の時に次期の収益ではない750円分を、次期の収益から減らして当期の収益として計上する手続きをします。
これを、収益の見越し(みこし)と言います。

収益の見越しに関する仕訳には、次の3通りの場面があります。

決算になった時(当期の処理)

次期に後払いする収益のうち、当期分の収益として計上すべき分を、収益の勘定科目を使って計上します。
相手勘定科目は『未収○○(資産)』という、「当期の収益を後で受け取る権利」を表す勘定科目です。

借方金額貸方金額
未収手数料750受取手数料750

収益の見越しでは、手数料の他に、利息、家賃、地代が出題されることもありますが、考え方は同じです。

受取手数料・受取利息・受取家賃・受取地代
未収手数料・未収利息・未収家賃・未収地代

これで、当期の『受取手数料(収益)』に750円が計上されました。

翌期首になった時(次期の処理)

決算の時と逆の仕訳(再振替仕訳)を行います。

借方金額貸方金額
受取手数料750未収手数料750

収益を後払いで受け取った時(次期の処理)

後払いで受け取った全額を、収益の勘定科目を使って計上します。

借方金額貸方金額
現金1,000受取手数料1,000

これで、次期の『受取手数料(収益)』は、②の分を差し引いて250円(1,000円 - 750円)が計上されます。

例題2

  • (1)X3年10月1日、ペンゾウ商店に、借入期間1年、年利率4%、利息は返済時に受け取るという契約で、現金15,000円を貸し付けた。
  • (2)X3年12月31日、決算を迎えたので、(1)の当期分の利息を見越計上する。
  • (3)X4年1月1日、翌期首になったので、利息の再振替仕訳を行う。
  • (4)X4年9月30日、(1)の返済日となり、利息とともに現金で受け取った。
例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

40 4 5 3 0 1 6
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想問題集
  • Q&A

学習メモ

学習メモ