TOP > 帳簿 > 商品有高帳

商品有高帳

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

商品有高帳とは?

商品有高帳(しょうひんありだかちょう)は、商品の在庫状況が分かる帳簿です。
商品を仕入れた時と、商品を売り上げた時に記入します。

まず、簡単な例を見てみましょう。

4月5日 商品10個を@100円で仕入れた。
4月10日 商品6個を@200円で売り上げた。

これらの取引を商品有高帳に記入すると、次のようになります。
@100円や@200円と書いてありますが、これは1個当たりの金額です。

商品有高帳とは?

『@200円で売り上げた。』とあるので、「払出」欄の単価には200円、金額には1,200円と書きたいところですが、ここにも原価を書くのがポイントです。

先入先出法と移動平均法

商品有高帳が何か分かったところで、もう少し難しい取引を考えてみましょう。

4月5日 商品10個を@100円で仕入れた。
4月10日 商品10個を@160円で仕入れた。
4月15日 商品15個を売り上げた。

この時、4月15日に払い出される商品の単価(払出単価)はいくらでしょうか?
100円?160円?それとも、130円?

この金額を決める方法には、先入先出法(さきいれさきだしほう)移動平均法(いどうへいきんほう)の2つがあります。

先入先出法

先入先出法とは、先に仕入れたものから先に払い出した(売り上げた)と仮定して、払出単価を決める方法です。

先入先出法

移動平均法

移動平均法とは、商品の受入のつど、在庫の平均単価を再計算して、それを払出単価とする方法です。

移動平均法

では、例題を通して理解を深めましょう。

例題1

次の取引を商品有高帳に記入しなさい。

5月1日 前月繰越は10個(@100円)である。
5月10日 商品10個(@140円)を仕入れた。
5月16日 商品15個(@150円)を売り上げた。
5月20日 商品20個(@130円)を仕入れた。
5月24日 商品10個(@140円)を売り上げた。
5月31日 月末のため商品有高帳を締め切る。

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


30 4 4 0 0 1 10
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ