第2問(記入する補助簿の選択) 解答・解説

当社では補助簿として、現金出納帳、当座預金出納帳、仕入帳、売上帳、支払手形記入帳、受取手形記入帳、買掛金元帳、売掛金元帳、商品有高帳、固定資産台帳を用いている。
次の(1)~(5)の取引は、どの補助簿に記帳されるか。該当する補助簿欄に○印をつけなさい。

(1)山形株式会社から商品¥15,000を仕入れ、代金は現金で支払った。

(2)トラック(取得原価¥20,000について、残存価額はゼロ、耐用年数は10年として、定額法により減価償却を行った。

(3)岐阜株式会社に商品¥26,250を売り渡し、代金は掛けとした。なお、当社負担の発送費である¥1,000については現金で支払った。

(4)熊本株式会社から商品¥40,000を仕入れ、代金のうち¥20,000については当社が保有する約束手形を裏書譲渡し、残額は小切手を振り出して支払った。

(5)(3)で売り渡した商品の一部に破損が見つかり、¥2,000の値引きを求められたためこれに応じ、掛け代金より差し引くこととした。

解答・解説

解答用紙

仕訳結果と記入する補助簿は以下の通りです。

(1)山形株式会社から商品¥15,000を仕入れ、代金は現金で支払った。

借方金額貸方金額
仕入15,000現金15,000

仕入勘定 ⇒ 仕入帳と商品有高帳に記入
現金勘定 ⇒ 現金出納帳に記入

1問各2点となり、このページ全てで10点の配点です。

(2)トラック(取得原価¥20,000について、残存価額はゼロ、耐用年数は10年として、定額法により減価償却を行った。

借方金額貸方金額
減価償却費2,000減価償却累計額2,000

減価償却費勘定 ⇒ 固定資産台帳に記入
減価償却累計額勘定 ⇒ 固定資産台帳に記入

(3)岐阜株式会社に商品¥26,250を売り渡し、代金は掛けとした。なお、当社負担の発送費である¥1,000については現金で支払った。

借方金額貸方金額
売掛金26,250売上26,250
発送費1,000現金1,000

売掛金勘定 ⇒ 売掛金元帳に記入
売上勘定 ⇒ 売上帳、商品有高帳に記入
現金勘定 ⇒ 現金出納帳に記入

(4)熊本株式会社から商品¥40,000を仕入れ、代金のうち¥20,000については当社が保有する約束手形を裏書譲渡し、残額は小切手を振り出して支払った。

借方金額貸方金額
仕入40,000受取手形20,000
当座預金20,000

仕入勘定 ⇒ 仕入帳と商品有高帳に記入
受取手形勘定 ⇒ 受取手形記入帳に記入
当座預金勘定 ⇒ 当座預金出納帳に記入

(5)(3)で売り渡した商品の一部に破損が見つかり、¥2,000の値引きを求められたためこれに応じ、掛け代金より差し引くこととした。

借方金額貸方金額
売上2,000売掛金2,000

売上勘定 ⇒ 売上帳に記入
売掛金勘定 ⇒ 売掛金元帳に記入

※ 割引きによって売価は変わりますが、商品の数量や原価は変わらないので、商品有高帳への記入はありません。

(詳細につきましては帳簿をどうぞ!

第1問(仕訳) 問題
第2問(記入する補助簿の選択) 問題
第3問(試算表 項目別) 問題
第4問(勘定記入) 問題
第5問(貸借対照表と損益計算書) 問題
第1問(仕訳) 解答・解説
第2問(記入する補助簿の選択) 解答・解説(← 今ココ!)
第3問(試算表 項目別) 解答・解説
第4問(勘定記入) 解答・解説
第5問(貸借対照表と損益計算書) 解答・解説
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • 簿記3級あれこれ