<苦手分野対策>勘定記入

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
2時間00

勘定記入は苦手意識の強い方が多いようです。
「勘定」の意味を仕訳帳と総勘定元帳で理解した上で、 このページで勘定記入の問題に慣れておきましょう。

解答用紙ダウンロード(ZIPファイル)

問題1

千葉株式会社は、前期の4月1日から3年契約で新潟株式会社に店舗を貸している。 この契約で、毎月の家賃¥80,000は、4月1日と10月1日に向こう6ヶ月分を現金で受け取っている。
当期の受取家賃、前受家賃が次の通りである時、(  )に当てはまる適切な勘定科目と金額を記入しなさい。 ただし、千葉株式会社の会計期間は1月1日~12月31日の1年間とする。

解答用紙

問題2

山梨株式会社は取引先に対し、前期の6月1日に¥600,000を、年利率5%、貸付期間2年、利払日は5月および11月末日の条件で貸し付けた。
当期の受取利息に関する諸勘定が次の通りである時、(  )に当てはまる適切な勘定科目と金額を記入しなさい。
なお、会計期間は4月1日~3月31日であり、利息の計算は月割による。 また、利息はすべて現金で支払われている。

解答用紙

理解度に応じて、ふせんの色を変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
2時間00

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

120 4 6 0 0 1 4
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
本試験の解き方のコツ
  • 1時間00
    第1回 完全予想模試
  • 6時間00
    第2回 完全予想模試
  • 6時間00
    <苦手分野対策>勘定記入
    今ココ!
    • トップページ
    • 簿記の基本
    • 取引と仕訳
    • 伝票
    • 帳簿
    • 決算
    • 完全予想模試
    • 簿記3級あれこれ
    学習メモ

    学習メモ