TOP > 取引と仕訳 > 現金と預金 > 現金 > テキスト

テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

簿記の基本では、 貸借対照表損益計算書仕訳の基本について勉強しました。

ここからは、様々な取引の仕訳について学習します。

現金とは?

ふつう、現金とは私達が普段使っている硬貨(こうか)や紙幣(しへい)の事を言います。

しかし、簿記では、硬貨や紙幣などの通貨の他に、銀行などに持っていくとすぐに換金できる「通貨代用証券」(つうかだいようしょうけん)も『現金(資産)』の勘定科目に含まれます。

勘定科目とは、簿記の視点から見た時に同じ役割のものを1つにまとめた呼び名でしたね。

勘定科目分類内訳
現金通貨硬貨(こうか)
紙幣(しへい)
通貨代用証券
(つうかだいようしょうけん)
他人振り出しの小切手
郵便為替証書(ゆうびんかわせしょうしょ)
配当金領収証(はいとうきんりょうしゅうしょう)
支払期日の到来した公社債の利札(りふだ)
送金小切手(そうきんこぎって)

時間に余裕のある人は、通貨代用証券とは?もご覧ください。

現金

上図の通り、仕訳では、資産が増加したら借方(左)、減少したら貸方(右)に記入します。
借方、貸方の決め方は覚えていますか?忘れてしまったら復習しましょう!)

ですから、『現金』の仕訳をする時は、こんな感じになりますね。

[ 『現金』が増えた時 ]

借方金額貸方金額
現金○○○△△△○○○

[ 『現金』が減った時 ]

借方金額貸方金額
△△△○○○現金○○○

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、銀行から現金1,000円を借入れた。

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店に商品200円を売り上げ、代金を小切手で受け取った。

例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


24 4 2 1 1 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ