TOP > 簿記の基本 > 損益計算書

損益計算書

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

損益計算書とは?

損益計算書とは、この1年間で、いくら使っていくら儲けたのかを明らかにした表です。

英語では、Profit and Loss statement(プロフィット アンド ロス ステートメント)や、省略形のP/L(ピーエル)と呼ばれます。

損益計算書は費用(ひよう)と収益(しゅうえき)から成ります。

費用は借方(左)に!収益は貸方(右)に!

損益計算書も左と右に分かれます。
左が借方で、右が貸方でした。

損益計算書では、費用は借方に記入し、収益は貸方に記入します。
収益から費用を差し引いたものは利益(りえき)です。

損益計算書のしくみ

費用

費用(ひよう)とは、商品を仕入れる時のお金や電気代など、『(お店が収益をあげるために)必要な出費』です。

費用は損益計算書の借方に記入するルールでした。
覚え方は『費用の「ひ」は、左の「ひ」』!

費用

費用の勘定科目の例です。

  • 『仕入』(商品を仕入れる時に支払うお金)
  • 『旅費交通費』(電車、バス、飛行機などの代金)
  • 『支払利息』(お金を借りている時に支払う利息)

収益

収益(しゅうえき)とは、お店が商品の販売などで得た収入など、『儲けを増やすもの』です。

収益は損益計算書の貸方に記入するルールでした。

収益

収益の勘定科目の例です。

  • 『売上』(商品を売る時に得られるお金)
  • 『受取利息』(お金を貸している時に得られる利息)
ポイント
  • 損益計算書は、借方(左)と貸方(右)から成ります。
  • 費用は「必要な出費」。損益計算書の借方に記入します。
  • 収益は「儲けを増やすもの」。損益計算書の貸方に記入します。
  • 利益は「収益から費用を差し引いたもの」。

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

20 4 1 0 0 1 3
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想問題集
  • Q&A

学習メモ

学習メモ