テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

商品売買の基本

多くのお店は商品を他のお店から仕入れて、お客さんに売り上げます。
コンビニやスーパーもそうですよね。

商品売買の基本

このページでは、そのようなお店の商品売買とその仕訳について学習します。

商品売買には、三分法(さんぶんぽう)という方法と、分記法(ぶんきほう)という方法があります。
簿記3級でよく出題されるのは三分法なので、まずは三分法から勉強しましょう。

商品を仕入れた時の仕訳(三分法)

三分法とは、3つの勘定科目(『仕入』『売上』『繰越商品』)に分けて仕訳をする方法です。
『仕入』と『売上』についてはこのページで勉強しますが、『繰越商品』は売上原価の算定で勉強します。

「商品を仕入れた」とあったら、三分法では勘定科目『仕入』を使います。
『仕入』は「(お店が収益をあげるために)必要な出費」なので費用です。

仕入

上図の通り、仕訳では、費用が増加したら左、減少したら右に記入します。

なので、『仕入』の仕訳をすると、こんな感じになります。

[ 『仕入』が増えた時 ]

借方金額貸方金額
仕入○○○△△△○○○

[ 『仕入』が減った時 ]

借方金額貸方金額
△△△○○○仕入○○○

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店から商品200円を仕入れ、代金は現金で支払った。

例題1

商品を売り上げた時の仕訳(三分法)

「商品を売り上げた」とあったら、三分法では勘定科目『売上(収益)』を使います。
『売上』は「儲けを増やすもの」なので収益です。

売上

なので、『売上』の仕訳をすると、こんな感じになります。

[ 『売上』が増えた時 ]

借方金額貸方金額
△△△○○○売上○○○

[ 『売上』が減った時 ]

借方金額貸方金額
売上○○○△△△○○○

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンゾウ商店に商品300円を売り上げ、代金は現金で受け取った。

例題2

商品を仕入れた時の仕訳(分記法)

ここからは分記法を勉強します。
分記法は、本試験ではあまり出ませんので、興味のある方だけでOKです。

分記法とは、『商品』と『商品販売益』の2つの勘定科目に分けて仕訳をする方法です。

「商品を仕入れた」とあったら、分記法では勘定科目『商品』を使います。

『商品』は資産です。

商品

上図の通り、仕訳では、資産が増加したら左、減少したら右に記入します。

なので、『商品』の仕訳をすると、こんな感じになります。

[ 『商品』が増えた時 ]

借方金額貸方金額
商品○○○△△△○○○

[『商品』が減った時 ]

借方金額貸方金額
△△△○○○商品○○○

例題3

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店から商品200円を仕入れ、代金は現金で支払った。(分記法で仕訳すること)

例題3

商品を売り上げた時の仕訳(分記法)

「商品を売り上げた」とあったら、分記法では勘定科目『商品』と『商品販売益』を使います。

『商品販売益』は『儲けを増やすもの』なので収益です。

収益

上図の通り、仕訳では、収益が増加したら右、減少したら左に記入します。

なので、『商品販売益』の仕訳をすると、こんな感じになります。

[ 『商品販売益』が増えた時 ]

借方金額貸方金額
△△△○○○商品販売益○○○

[ 『商品販売益』が減った時 ]

借方金額貸方金額
商品販売益○○○△△△○○○

例題4

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、200円で仕入れた商品を、ペンゾウ商店に300円を売り上げ、代金は現金で受け取った。(分記法で仕訳すること)

例題4

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

30 4 2 2 1 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想問題集
  • Q&A

学習メモ

学習メモ