TOP > よくある質問 Q&A > 通貨代用証券とは?

通貨代用証券とは?

質問

通貨代用証券(他人振り出しの小切手・郵便為替証書・配当金領収証・支払期日の到来した公社債の利札・送金小切手)について詳しく教えて下さい。

回答

簿記では、硬貨や紙幣などの通貨の他に、銀行などに持っていくとすぐに換金できる通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)も現金の 勘定科目に含めます。

通貨代用証券には、他人振り出しの小切手郵便為替証書(ゆうびんかわせしょうしょ)配当金領収証(はいとうきんりょうしゅうしょう)支払期日の到来した公社債の利札(りふだ)送金小切手(そうきんこぎって) があります。 それぞれについて詳しくみていきましょう。

他人振り出しの小切手

他人振り出しの小切手とは、その名の通り、他の人が振り出した小切手です。

小切手は、クイズ番組でしか見かけないと思いますので、 まずは、小切手を換金する流れから説明します。 (図は、ペンタが振り出した小切手をペンキチが換金する流れです。)

小切手の支払いの流れ

小切手を振り出すためには、振出人(ペンタ)は当座預金(とうざよきん)を開設する必要があります。
当座預金とは、普通預金と違い、利息はつきませんが、小切手の支払いに使うことができる特別な預金です。
受取人(ペンキチ)がもらった小切手の支払い額は、最終的には振出人(ペンタ)の当座預金の残高から差し引かれる仕組みになっています。

上図で言うと、ペンキチはペンタから他人振り出しの小切手をもらったことになるのですが、 これは銀行に持っていくといつでも換金できるので、他人振り出しの小切手は『現金』として扱われるのですね。

郵便為替証書

郵便為替証書も、小切手と同じように、お金を送る手段の1つとして使われます。 郵便為替証書の使い方は、①~②の通りです。

  • お金を送る側は、郵便局の窓口で、郵便為替と呼ばれる証書を買い、お金を受け取る側に送ります。
  • お金を受け取る側は、郵便局の窓口で、この証書を現金に換えてもらいます。

郵便為替には、定額小為替(ていがくこがわせ)と普通為替があります。
定額小為替は送金額があらかじめ決められており、普通為替は自由に決められます。

為替の種類送金額手数料
定額小為替50円、100円、150円、200円
250円、300円、350円、400円
450円、500円、750円、1000円
100円
普通為替500万円まで420円(3万円未満)
630円(3万円以上)

配当金領収証

株を持っていると、ある期間(株の種類によって変わります)に1回、配当金がもらえる場合があります。

配当金領収証とは、「領収証」という名前がついていますが、実際には「配当金を受け取るための引換券」で、 これを銀行に持っていくと配当金がもらえます。

支払期日の到来した公社債の利札

公社債とは、国債、地方債、社債など、国、地方公共団体、企業が投資家から資金を集めるために発行する、借用証書です。

公社債を持っていると、ある期間に1回、利息を受け取ることができます。

公社債には、利札と呼ばれる利息を受取るための引換券が、たくさん付与されており、 支払期日の到来した利札を切り離して銀行に持っていくと、利息がもらえる仕組みになっています。

送金小切手

送金小切手は、「小切手」という名前がついていますが、上で勉強した他人振り出しの小切手とは全く別物で、 簡単に言うと、郵便為替証書の銀行版です。使い方は、①~②の通りです。

  • お金を送る側は、銀行の窓口で、送金額と手数料を支払って、送金小切手を買い、お金を受け取る側に送ります。
  • お金を受け取る側は、銀行の窓口で、この送金小切手を現金に換えてもらいます。

なお、手数料は各銀行によって違います。


7 0 0 3 6
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略