TOP > 簿記の基本 > 仕訳の基本

仕訳の基本

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

簿記とは?で勉強したように、 簿記の目的は貸借対照表損益計算書を作成して、 銀行や投資家に信用してもらうことです。

これらの表を作るためには、毎日のお金に関する取引を帳簿に記録する必要があります。

簿記上の取引

毎日の取引を記録・・と言いましたが、簿記でいう、この「取引」は一般の取引と少し意味が違います。

簿記では、資産・負債・純資産・収益・費用が増減する行動を「取引」と言います。

例えば、「商品を購入する」という行動は、現金などの資産が減るので、取引であると言えます。
一方、「アパートを借りる契約をする」という行動は、一般的には取引と言えるかもしれませんが、 資産・負債・純資産・収益・費用は増減しないので、簿記上では取引として扱いません。

簿記では、仕訳(しわけ)という方法を使って、毎日の取引を分かりやすく記録します。

まずは、例題を見てみましょう。

例題

次の取引を仕訳しなさい。

椅子を現金1,000円で購入した

借方金額貸方金額
備品1,000現金1,000

仕訳では取引を借方、貸方の2つの側面に分け、上記のように図式化して記録するのです。

では、どのようにして、この仕訳になるのか、ゆっくり丁寧に、仕訳の4ステップで確認しましょう!

仕訳の4ステップ

ステップ① 取引を2つの事柄に分ける

まず、取引を2つの事柄に分けます。

例題の「椅子を現金1,000円で購入した」という取引は、『椅子を手に入れて』、『現金1,000円を支払った』と考える事ができますね。

ですから、この取引は「椅子の増加」と「現金の減少」という2つの側面に分けられます。

ステップ② 勘定科目を考える

仕訳では、勘定科目を使用します。
問題文と解答をよく見てみると、椅子が『備品』に変わっていますね。

貸借対照表の資産勘定科目を勉強したのを思い出して下さい。

椅子、机などの事務用品の勘定科目は『備品』でしたね。
また、現金、小切手などすぐに換金できるものの勘定科目は『現金』でした。
(この問題では問題文と解答で同じ「現金」という言葉が使われていますが、解答の「現金」は勘定科目の『現金』なのです。)

ですから、この取引は「『備品』の増加」と「『現金』の減少」に置き換えることができます。

ステップ③ 勘定科目が、資産・負債・純資産・費用・収益のどれかを考える

『備品』も『現金』も、あると嬉しいものなので、資産ですね。

ですから、この取引は「『備品(資産)』の増加」と「『現金(資産)』の減少」
ということができます。

ステップ④ 借方(左)、貸方(右)を考え、勘定科目と金額を記入する

仕訳では、あるルールにしたがって、分解した2つの取引を、借方(左)と貸方(右)のどちらに記入するかを決めています。
ここで、前に学習した貸借対照表損益計算書を思い出して下さい。

貸借対照表の借方(左)には資産、貸方(右)には負債と純資産があり、損益計算書の借方(左)には費用、貸方(右)には収益がありましたね。

貸借対照表と損益計算書

仕訳で、借方(左)と貸方(右)のどちらに記入するかは、これらの表(貸借対照表と損益計算書)と密接に関連しています。

仕訳で、資産・負債・純資産・費用・収益が増加した場合は、これらの表(貸借対照表と損益計算書)と同じ側に記入します。
例えば、資産は貸借対照表の借方(左)にあるので、資産が増加したら借方(左)に仕訳します。

逆に、資産・負債・純資産・費用・収益が減少した場合は、これらの表(貸借対照表と損益計算書)と反対側に記入するルールになっています。
例えば、資産は貸借対照表の借方(左)にあるので、資産が減少したら貸方(右)に仕訳します。

さて、この例題にあてはめてみましょう。
「『備品』の増加」は「資産の増加」なので借方(左)
「『現金』の減少」は「資産の減少」なので貸方(右)
記入するのですね。

このルールはとても重要です。
この先何度も使いますから、忘れたらこのページを復習して下さい。

「1,000円で購入した」ので記入する金額は1,000です。ステップ①~ステップ④で問題文を仕訳すると次のようになることが分かります。

借方金額貸方金額
備品1,000現金1,000

最後に、問題文と解答を見ておきましょう。


次の取引を仕訳しなさい。

椅子を現金1,000円で購入した

借方金額貸方金額
備品1,000現金1,000

仕訳について十分理解を深める事ができましたか? 仕訳は簿記の重要分野なので、不安がある場合はしっかり復習しておいて下さい。

ポイント
  • 仕訳は次のステップで行います。
  • ステップ① 取引を2つの事柄に分ける
  • ステップ② 勘定科目を考える
  • ステップ③ 勘定科目が、資産・負債・純資産・費用・収益のどれかを考える
  • ステップ④ 借方(左)、貸方(右)を考え、勘定科目と金額を記入する

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


24 4 1 0 0 1 4
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ