借方・貸方のカンタンな覚え方・語源を踏まえた覚え方

カンタンな覚え方

覚えるだけなら、こちらが確実です。

借方・貸方の覚え方

語源・由来を踏まえた覚え方

昔の簿記の目的は、「お金の貸し借り」を記録することでした。

その際に、
「借主」(自分からお金を借りた人の名前)を左に書きました。
ですから「借方 = 左」です。

借方・貸方の覚え方

そして、「貸主」(自分にお金を貸してくれた人の名前)を右に書きました。
ですから「貸方 = 右」です。

借方・貸方の覚え方

覚え方としては、以下の流れのように資産や負債がどちらにあるかを考え、左右を関連づけると良いです。

借方・貸方の覚え方

なお、上記のような形で、debit(デビット)を「借方」、credit(クレジット)を「貸方」に決めたのは福沢諭吉です。

7 0 0 3 5
難易度・合格率をイラストで超分かりやすく解説!
簿記3級で出題される勘定科目・頻出度・解説
借方・貸方のカンタンな覚え方・語源を踏まえた覚え方
通貨代用証券とは?
複数行の仕訳の勘定科目の順番は?
『交通費』?『旅費交通費』?正しい勘定科目は?
2016年(平成28年)以降の出題区分は?
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • 簿記3級あれこれ