第1問(問題)

下記の取引について仕訳しなさい。ただし、勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

勘定科目一覧
現金現金過不足当座預金売掛金
受取手形未収入金前払金仮払金
貸付金他店商品券有価証券備品
車両運搬具当座借越買掛金支払手形
未払金前受金仮受金借入金
商品券売上受取利息雑益
仕入支払利息手形売却損雑損

1.営業用の車3台@¥525,000を購入し、代金は月末に支払うこととした。なお、購入に伴う登録手数料など¥45,000は現金で支払った。

2. 金庫を調査したところ、紙幣 ¥150,000、得意先振出の小切手 ¥200,000、約束手形 ¥100,000、郵便切手 ¥2,000が保管されていたが、 帳簿上の残高は¥400,000となっていた。原因が不明であったため、現金過不足勘定で処理することにした。

3.得意先熊本商店から受け取った約束手形¥120,000を銀行で割引き、利息相当分の割引料を差し引かれた残額を当座預金とした。なお、割引日数は60日、割引率は年7.3%、1年は365日とする。

4.売買を目的として額面¥1,000,000の水戸株式会社社債を額面¥100につき¥98で購入し、代金は購入手数料¥5,000とともに小切手を振り出して支払った。なお、当座預金の残高は¥800,000であるが、 銀行とは借越限度額¥500,000の当座借越し契約を結んでいる。

5.商品¥78,750を売り上げ、代金のうち¥20,000については当店が連盟している他店の商品券で、¥10,000については当店発行の商品券で受け取り、残額は掛けとした。

  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想問題集
  • Q&A

学習メモ

学習メモ