テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

普通預金

私達がいつも使っている預金は、普通預金や定期預金ですよね。
普通預金は、いつでも引き出せる代わりに、利息は低いです。
一方、定期預金は、期間が終わるまで引き出せませんが、利息は高いですよね。

普通預金は、勘定科目『普通預金(資産)』として扱われます。
最近はよく出題されるので、「普通預金口座から引き落とされた。」などと記載されていたら、この勘定科目を使いましょう。

普通預金

当座預金と小切手

それでは、当座預金(とうざよきん)とは何でしょうか?
当座預金に利息はつきません。
しかし、当座預金は小切手や手形の支払いに使うことができます。

小切手の金額が当座預金から支払われる流れを確認しましょう。

小切手の支払いの流れ

小切手を受け取った時(他人振り出しの小切手)は、『現金』の増加として仕訳しましたね。 (受け取った小切手は、すぐにお金に換金できるからです。)
一方、自分が小切手を振り出した時は、最終的に自分の当座預金から差し引かれるのですから、勘定科目『当座預金(資産)』の減少として仕訳します。
また、当座預金にお金を預け入れた場合は、『当座預金(資産)』の増加として仕訳します。

当座預金

ですから、『当座預金』の仕訳をする時は、こんな感じになりますね。

[ 『当座預金』が増えた時 ]

借方金額貸方金額
当座預金○○○△△△○○○

[ 『当座預金』が減った時 ]

借方金額貸方金額
△△△○○○当座預金○○○

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、現金3,000円を当座預金に預け入れた。

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店から商品200円を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。

例題2

例題3

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店に商品200円を売り上げ、代金を小切手で受け取り、すぐに当座預金に預け入れた。

例題3

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


24 4 2 1 3 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ