第4問(勘定記入) 解答・解説

宮崎株式会社に対して、X5年4月1日に¥600,000を貸し付けた。(年利率6%、期間5年、利払日3月末日)
X6年12月31日の受取利息勘定、未収利息勘定、損益勘定が次の通りである時、(  )に当てはまる適切な勘定科目と金額を記入しなさい。 ただし、利息は現金受け取り、会計期間は1月1日~12月31日の1年間、利息は月割計算によって求めるものとする。

解答・解説

解答

かなり難しいので、正解できなくても大丈夫です。
ここで理解できれば十分です!!(*´∀`*)

「収益の未収」の「勘定記入」問題です。

「収益の未収」については、こちらでとても丁寧に解説していますので、よろしければどうぞ!
「勘定記入」については、<苦手分野対策>勘定記入 にも挑戦しましょう!


それでは解説です!

X6年(当期)の処理を考える前に、X5年12月31日(前期の決算日)の処理を考えます。

前期の決算日の処理

前期の決算日は、前期の4月1日~12月31日までの利息[ 600,000×0.06×(9 / 12) = 27,000(円) ]を未収収益として計上しています。

簡単に説明すると・・・
実際に利息がもらえるのはX6年3月31日ですが
X5年4月1日~X5年12月31日分の9ヶ月分の収益はX5年に計上すべき
という考え方になります。

よって、前期の決算日は以下のように仕訳を行っています。

借方金額貸方金額
未収利息27,000受取利息27,000

(この時点で解説が分からない場合は、費用と収益の未収、未払いを是非!)

当期の期首の処理

上記の仕訳によって、当期の期首には『未収利息』が27,000円繰り越されています。(前期繰越)

この分を再び受取利息に振り替えなおします。(再振替仕訳)

借方金額貸方金額
受取利息27,000未収利息27,000
解答

当期の期中の処理

3/31に利息[ 600,000×0.06 = 36,000(円) ]を現金で受け取ります。

借方金額貸方金額
現金36,000受取利息36,000
解答

当期の決算日の処理

当期の4月1日~12月31日までの利息[ 600,000×0.06×(9 / 12) = 27,000(円) ]を未収収益として計上します。

借方金額貸方金額
未収利息27,000受取利息27,000

受取利息勘定の残高[ 36,000 + 27,000 - 27,000 = 36,000(円) ]を損益勘定に振り替えます。

借方金額貸方金額
受取利息36,000損益36,000
解答

未収利息勘定の残高(27,000円)を次期に繰り越します。
合計の欄を埋めます。

解答

帳簿の締切は、収益・費用の全ての勘定をゼロにして損益勘定に振り替える → 損益勘定をゼロにして繰越利益剰余金勘定に振り替える、という形で進められるので、 解答の後のステップで損益勘定が繰越利益剰余金勘定に振り替える処理が待っています。

第1問(仕訳) 問題
第2問(記入する補助簿の選択) 問題
第3問(試算表 項目別) 問題
第4問(勘定記入) 問題
第5問(貸借対照表と損益計算書) 問題
第1問(仕訳) 解答・解説
第2問(記入する補助簿の選択) 解答・解説
第3問(試算表 項目別) 解答・解説
第4問(勘定記入) 解答・解説(← 今ココ!)
第5問(貸借対照表と損益計算書) 解答・解説
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • 簿記3級あれこれ