一部現金取引

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

一部現金取引とは?

『現金』が増減する取引とそれ以外の取引がどちらも含まれている取引を「一部現金取引」と言います。

例えば、『商品1,000円を売り上げ、800円を現金で受け取り、200円を掛けとした』などのケースです。
このような場合、取引を複数の伝票に分けて起票します。

起票の方法は2種類あります。

① 取引を分解して起票する方法

上の例を、次の2つの取引に分けて起票します。

  • 『商品800円を売り上げ、代金は現金で受け取った』という取引(入金伝票に起票)
  • 『商品200円を売り上げ、代金は掛けとした。』という取引(振替伝票に起票)

② いったん全額掛取引をして、そのあと現金の取引をしたと考えて起票する方法

上の例を、次の2つの取引に分けて起票します。

  • 『商品1,000円を売り上げ、代金は掛けとした』という取引(振替伝票に起票)
  • 『売掛金800円を、現金で回収した』という取引(入金伝票に起票)

では、実際の起票の方法を例題で確認しましょう。

例題1

次の取引を3伝票制により起票しなさい。

ペンタ商店は、ペンゾウ商店に商品1,500円を売り上げ、代金のうち1,000円は現金で受け取り、残額は掛けとした。

例題1

例題2

次の伝票はある1つの取引を起票したものである。取引を推定して仕訳しなさい。

例題2

理解度に応じて、ふせんの色を変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

30 4 3 2 0 1 4
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
入金伝票
  • 16
    出金伝票
  • 16
    振替伝票
  • 10
    一部現金取引
    今ココ!
    学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
    帳簿とは?
  • 15
    • トップページ
    • 簿記の基本
    • 取引と仕訳
    • 伝票
    • 帳簿
    • 決算
    • 完全予想模試
    • 簿記3級あれこれ
    学習メモ

    学習メモ