伝票をイラストで解説!

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
16

伝票とは?

1日に何度も取引をするお店では、1人で仕訳をするのが大変です。
しかし、仕訳を記入する「仕訳帳」(しわけちょう)は、1冊のノートのようなものなので、分担することもできません。

このような時に、仕訳帳の代わりに使われるのが「伝票」(でんぴょう)です。

伝票は、
入金の取引(『現金』が増加する取引)だけを記入する入金伝票
出金の取引(『現金』が減少する取引)だけを記入する出金伝票
など、いくつかの種類に分かれているので、分担ができるというわけです。

伝票のイメージ

伝票に記入(これを起票と言います)する方法は、3伝票制と5伝票制の2種類があります。
簿記3級では3伝票制が出題されます。

3伝票制とは?

3伝票制では、3種類の伝票を使って起票します。
3種類の伝票とは、入金伝票(にゅうきんでんぴょう)、出金伝票(しゅっきんでんぴょう)、振替伝票(ふりかえでんぴょう)です。

伝票の種類起票する取引
入金伝票『現金』が増加する取引
出金伝票『現金』が減少する取引
振替伝票上記以外の取引

では、次のページから、それぞれの伝票の記入方法について、詳しく勉強しましょう。


理解度に応じて、ふせんの色を変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
16

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

16 4 3 1 0 1 1
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
伝票をイラストで解説!
今ココ!
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
入金伝票
  • 16
    • トップページ
    • 簿記の基本
    • 取引と仕訳
    • 伝票
    • 帳簿
    • 決算
    • 完全予想模試
    • 簿記3級あれこれ
    学習メモ

    学習メモ