証ひょう(証憑)をイラストで解説!

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

証ひょう(証憑)とは?

会社での重要な書類として請求書や領収書、納品書などがありますよね。
このような、「取引の証拠となる書類」のことを、証憑(しょうひょう)と言います。

証ひょう

証ひょうの例

証ひょうの種類 内容
納品書 商品を売って納品したときの書類
請求書 代金の支払いを求めるときの書類
領収書 代金を受け取ったことを証明する書類

例題1

ペンタ社は、ペンキチ社から商品を仕入れ、商品とともに次の納品書を受け取った。なお、送料はペンタ社負担であり、代金は後日支払うこととした。

例題1

例題2

ペンタ社は、事務作業用の品物を通信販売で購入し、品物とともに次の請求書を受け取った。 代金は後日支払うこととした。
(コピー用紙とホチキスの勘定科目は『消耗品費』を使い、パソコンの勘定科目は『備品』を使うこと)

例題2

例題3

ペンタ社は、取引銀行のインターネットバンキングを利用して、普通預金口座の入出金明細を取り込んだところ、次の通りであった。各取引日において必要な仕訳をする。 なお、ペンキチ社とペンゾウ社はペンタ社の取引先であり、取引はすべて掛けとしている。

例題3

理解度に応じて、ふせんの色を変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

40 4 2 6 5 1 1
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
証ひょう(証憑)をイラストで解説!
今ココ!
問題1 請求書の処理
  • 4
    問題2 旅費交通費、領収書の処理
  • 6
    問題3 家賃、保証金の処理
  • 6
    問題4 小切手、約束手形の処理
  • 4
    • トップページ
    • 簿記の基本
    • 取引と仕訳
    • 伝票
    • 帳簿
    • 決算
    • 完全予想模試
    • 簿記3級あれこれ
    学習メモ

    学習メモ