役員貸付金と役員借入金をイラストで解説!

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

役員貸付金とは?

小さな規模の会社では、役員(社長や取締役などの経営者)が会社のお金や商品を私用で持ち出して使うことがあります。
このような場合、『役員貸付金(資産)』(やくいんかしつけきん)として処理します。
会社の立場からすると「後でお金を返してもらえる権利」を得たので資産です。

役員貸付金
役員貸付金

利息の計算方法利息の勘定科目については、 借入金と同じです。

なお、従業員に対しての貸付金は『従業員貸付金(資産)』(じゅうぎょういんかしつけきん)として仕訳することがあります。

経営者が個人的に会社の商品を使った時

経営者が個人的に会社の商品を使った時は、 『仕入(費用)』の減少として仕訳します。

例題1

ペンタ社の専務取締役が、個人的に仕入原価1,000円の商品を使用するとともに現金1,500円を持ち出した。

例題1

例題2

例題1でペンスケ専務取締役に貸し付けていた役員貸付金2,500円を利息とともに現金で回収した。 なお、年利率は2%で、貸付期間は6ヶ月であった。

例題2

役員借入金とは

小さな規模の会社では、会社の資金が不足すると役員(社長や取締役などの経営者)が個人のお金を会社に入れることがあります。
この時会社は『役員借入金(負債)』(やくいんかりいれきん)として仕訳し、後日返済します。
会社の立場からすると「借りたお金をあとで返さなければならない義務」を負ったので負債となります。

役員借入金
役員借入金

利息の計算方法利息の勘定科目については、 借入金と同じです。

例題3

ペンタ社の資金繰りが厳しくなってきたため、ペンスケ専務取締役は個人の資産から現金5,000円を、会社の普通預金に振り込んだ。
なお、この時ペンスケ専務取締役に対する役員貸付金2,000円があった。

例題3

例題4

例題3での役員借入金の返済にあたり、
ペンタ社はペンスケ専務取締役に役員借入金3,000円を利息とともに現金で支払った。 なお、年利率は2%で、借入期間は10ヶ月であった。

例題4

理解度に応じて、ふせんの色を変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

40 4 2 5 8 1 1
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
役員貸付金と役員借入金をイラストで解説!
今ココ!
問題1 役員貸付金
  • 4
    問題2 役員貸付金を返済される(利息計算有り)
  • 10
    問題3 役員借入金
  • 10
    問題4 役員借入金を返済する(利息計算有り)
  • 10
    • トップページ
    • 簿記の基本
    • 取引と仕訳
    • 伝票
    • 帳簿
    • 決算
    • 完全予想模試
    • 簿記3級あれこれ
    学習メモ

    学習メモ