TOP > 取引と仕訳 > 手形 > 約束手形 > テキスト

テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

手形とは?

これまで、商品の代金の支払い方法として、 現金(小切手を含む)、掛けなどを学習しました。
今回は新しい支払い方法である手形(てがた)を学習します。

手形は、簡単に言うと、支払期日(しはらいきじつ)が来ると換金できる証券です。

小切手は銀行に持っていくと、いつでも換金できる証券でした。

手形は小切手とよく似ていますが、期日が来ないと換金できないところが違うのですね。

手形

現金で仕入れた場合、手元のお金はすぐになくなります。
掛けで仕入れた場合、支払期日は取引から約1ヶ月後です。
しかし、約束手形で仕入れた場合、支払期日は取引から約2、3ヶ月後となります。
したがって、約束手形で仕入れると、最も長く、手元にお金を置いておけることになります。

このことは、支払う側にとっては嬉しいことですね。
お金は銀行に預けておけば、利息がもらえるのですから。

簿記3級では、手形の一種である「約束手形」を勉強します。

約束手形とは?

約束手形とは、「手形を振り出す(手形に金額を書いて渡す)人」が「手形を受け取る人」に「いつまで」に「いくら」支払うかを約束した手形です。

手形を振り出す人を、振出人(ふりだしにん)または支払人(しはらいにん)
手形を受け取る人を、名宛人(なあてにん)または受取人(うけとりにん)
代金を支払う期限を、支払期日(しはらいきじつ)または満期日(まんきび)と言います。

約束手形
約束手形

約束手形を振り出した時の仕訳

商品を仕入れて、約束手形を振り出した場合、あとで代金を支払う義務が発生します。
簿記では、この義務を勘定科目『支払手形(負債)』で表します。

支払手形

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店から商品300円を仕入れ、約束手形を振り出した。

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

例題1の約束手形の支払期日となり、ペンタ商店は、当座預金から約束手形の代金300円を支払った。

例題2

約束手形を受け取った時の仕訳

商品を売り上げて、約束手形を受け取った場合、「あとで約束手形の代金をもらう権利」を得ます。
簿記では、この権利を勘定科目『受取手形(資産)』で表します。

受取手形

例題3

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンゾウ商店に商品400円を売り上げ、約束手形を受け取った。

例題3

例題4

次の取引を仕訳しなさい。

例題3の約束手形の支払期日となり、ペンタ商店の当座預金に、約束手形の代金400円が入金された。

例題4

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

24 4 2 3 1 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想問題集
  • Q&A

学習メモ

学習メモ