第3問(試算表 日付別) 解答・解説

新潟商店では、会計期間を1月1日から12月31日としている。
[ 資料Ⅰ ] と [ 資料Ⅱ ]を元にX3年1月31日の残高試算表を作成しなさい。

資料Ⅰ

[ 資料Ⅱ ]

  • 1.前期末に繰延計上、見越計上された損益項目の再振替処理を期首に行った。
  • 2.商品¥65,000の掛仕入。
  • 3.商品¥78,000の掛売上。
  • 4.売掛金¥40,000の現金による回収。
  • 5.従業員の旅費交通費¥10,000の現金による概算払い。
  • 6.商品¥50,000の仕入に対する約束手形の裏書譲渡。
  • 7.他人振り出しの小切手による売掛金¥62,000の回収。
  • 8.現金による借入金利息¥3,000の支払い。
  • 9.出張中の従業員から¥25,000の当座預金への振込み。その詳細は不明。
  • 10.売上による約束手形¥92,000の受け取り。
  • 11.帳簿価額¥120,000の有価証券を¥112,000で売却。支払いは2月末。
  • 12.商品の仕入¥38,000に対する約束手形の振り出し。
  • 13.項番5の従業員が戻り、概算払いしていた旅費交通費の残額3,000円を現金で受け取り。
  • 14.既に支払っていた手付金¥45,000による仕入。
  • 15.項番9のうち、¥10,000については売掛金の回収であることが判明。
  • 16.貸付金の回収による、元金¥100,000と利息¥4,000の当座預金への振り込み。
  • 17.前期に発生した売掛金¥15,000の貸倒れ。
  • 18.現金¥20,000による買掛金の支払い。
  • 19.他人振り出しの小切手による地代¥85,000の受け取り。
  • 20.広告宣伝費¥40,000の小切手による支払い。

解答・解説

解答

取引を仕訳します。

1.前期末に繰延計上、見越計上された損益項目の再振替処理を期首に行った。

これは難しいと思います。
ここで理解すれば十分です!(*´∀`*)

繰越試算表に、前払利息と未払家賃の残高があるので、前期末に、利息が繰延計上、家賃が見越計上されていることが分かります。
よって、当期の期首には、これらの再振替仕訳をします。
(詳しくは、費用と収益の繰延べ費用と収益の見越しをどうぞ!)

借方金額貸方金額
支払利息6,000前払利息6,000
未払家賃180,000支払家賃180,000

2.商品¥65,000の掛仕入。

借方金額貸方金額
仕入65,000買掛金65,000

(詳しくは、買掛金と売掛金をどうぞ!)

3.商品¥78,000の掛売上。

借方金額貸方金額
売掛金78,000売上78,000

(詳しくは、買掛金と売掛金をどうぞ!)

4.売掛金¥40,000の現金による回収。

借方金額貸方金額
現金40,000売掛金40,000

(詳しくは、買掛金と売掛金をどうぞ!)

5.従業員の旅費交通費¥10,000の現金による概算払い。

借方金額貸方金額
仮払金10,000現金10,000

(詳しくは、仮払金と仮受金をどうぞ!)

6.商品¥50,000の仕入に対する約束手形の裏書譲渡。

借方金額貸方金額
仕入50,000受取手形50,000

(詳しくは、手形の裏書譲渡をどうぞ!)

7.他人振り出しの小切手による売掛金¥62,000の回収。

借方金額貸方金額
現金62,000売掛金62,000

(詳しくは、現金(他人振り出しの小切手)をどうぞ!)

8.現金による借入金利息¥3,000の支払い。

借方金額貸方金額
支払利息3,000現金3,000

(詳しくは、貸付金と借入金をどうぞ!)

9.出張中の従業員から¥25,000の当座預金への振込み。その詳細は不明。

借方金額貸方金額
当座預金25,000仮受金25,000

(詳しくは、仮払金と仮受金をどうぞ!)

10.売上による約束手形¥92,000の受け取り。

借方金額貸方金額
受取手形92,000売上92,000

(詳しくは、約束手形をどうぞ!)

11.帳簿価額¥120,000の有価証券を¥112,000で売却。支払いは2月末。

借方金額貸方金額
未収入金112,000有価証券120,000
有価証券売却損8,000

(詳しくは、未払金と未収入金をどうぞ!)

12.商品の仕入¥38,000に対する約束手形の振り出し。

借方金額貸方金額
仕入38,000支払手形38,000

(詳しくは、約束手形をどうぞ!)

13.項番5の従業員が戻り、概算払いしていた旅費交通費の残額3,000円を現金で受け取り。

借方金額貸方金額
旅費交通費7,000仮払金10,000
現金3,000

(詳しくは、仮払金と仮受金をどうぞ!)

14.既に支払っていた手付金¥45,000による仕入。

借方金額貸方金額
仕入45,000前払金45,000

(詳しくは、前払金と前受金をどうぞ!)

15.項番9のうち、¥10,000については売掛金の回収であることが判明。

借方金額貸方金額
仮受金10,000売掛金10,000

(詳しくは、仮払金と仮受金をどうぞ!)

16.貸付金の回収による、元金¥100,000と利息¥4,000の当座預金への振り込み。

借方金額貸方金額
当座預金104,000貸付金100,000
受取利息4,000

(詳しくは、貸付金と借入金をどうぞ!)

17.前期に発生した売掛金¥15,000の貸倒れ。

借方金額貸方金額
貸倒引当金15,000売掛金15,000

(詳しくは、貸倒引当金をどうぞ!)

18.現金¥20,000による買掛金の支払い。

借方金額貸方金額
買掛金20,000現金20,000

(詳しくは、買掛金と売掛金をどうぞ!)

19.他人振り出しの小切手による地代¥85,000の受け取り。

借方金額貸方金額
現金85,000受取地代85,000

(詳しくは、現金(他人振り出しの小切手)をどうぞ!)

20.広告宣伝費¥40,000の小切手による支払い。

借方金額貸方金額
広告宣伝費40,000当座預金40,000

(詳しくは、当座預金と普通預金と定期預金をどうぞ!)


なお、『繰越商品』は「期末」に振り替えの処理を行うため、この段階ではそのまま記入します。
(詳しくは、売上原価の算定をご覧下さい。)

仕訳が終わったら、勘定科目毎の残高を計算します。(電卓を使用)

例えば、現金の残高は次のようになります。

  • 式)359,000 + 40,000 - 10,000 + 62,000 - 3,000 + 3,000 - 20,000 + 85,000 = 516,000(円)
解答
第1問(仕訳) 問題
第2問(当座預金出納帳と商品有高帳) 問題
第3問(試算表 日付別) 問題
第4問(伝票 一部現金取引) 問題
第5問(精算表) 問題
第1問(仕訳) 解答・解説
第2問(当座預金出納帳と商品有高帳) 解答・解説
第3問(試算表 日付別) 解答・解説(← 今ココ!)
第4問(伝票 一部現金取引) 解答・解説
第5問(精算表) 解答・解説
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • 簿記3級あれこれ