TOP > 決算 > 帳簿の締め切り

帳簿の締め切り

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
1時間00

帳簿の締め切りとは?

決算整理が終わり、現在、仕訳帳や総勘定元帳には、当期の全ての取引と決算整理仕訳が記入されています!

簿記では、当期の記入と次期の記入を区別する決まりになっているので、
ここで、当期の記入を整理して締め切り(終わらせ)、次期の記入に備えます。
これを「帳簿の締め切り」と言います。

帳簿の締め切りは次の4ステップです。

(1)収益・費用の全ての勘定をゼロにして損益勘定に振り替える。(損益振替)
(2)損益勘定をゼロにして資本金勘定に振り替える。(資本振替)
(3)資産・負債・純資産・収益・費用の全ての勘定を締め切る。
(4)繰越試算表を作成する。

(1)収益・費用の全ての勘定をゼロにして損益勘定に振り替える

資産・負債・純資産は、次期に当期の残高を引き継ぎます。

しかし、収益・費用の当期の残高は、あくまで当期の収益・費用なので次期には引き継ぎません。
そこで、帳簿の締め切りの第1ステップとして、収益・費用の残高がゼロになるように「損益」という勘定に振り替えます。
(損益は帳簿の締め切りの時だけ使われる特殊な勘定です。)

これを損益振替と言います。

例えば、仕入勘定の残高が次の通りだったとしましょう。

仕入勘定の残高

仕入は借方残高なので、これをゼロにするため、右に仕訳します。
相手勘定科目(左)には損益を仕訳します。

借方金額貸方金額
損益2,500仕入2,500

例題1

収益・費用の残高は次の通りである。損益振替をしなさい。

例題1

(2)損益勘定をゼロにして資本金勘定に振り替える

第2ステップは、損益勘定をゼロにして、資本金勘定に振り替えることです。
例題1の損益勘定を例に考えてみましょう。

損益勘定の残高

損益勘定は、右の方が多いので、貸方残高(右)です。

そこで、これをゼロにするため、左に仕訳します。
相手勘定科目(右)には資本金を仕訳します。

借方金額貸方金額
損益600資本金600

資本金は、増えたら右、減ったら左に仕訳するのでした。

資本金

右に仕訳されたので、資本金の増加となります。

このように、資本振替によって当期純利益分の資本金が増加します。(または、当期純損失分の資本金が減少します。)

資本金

(3)資産・負債・純資産・収益・費用の全ての勘定を締め切る

第3ステップとして、資産・負債・純資産・収益・費用の各勘定を締め切ります。

貸借対照表のグループ(資産・負債・純資産)と、
損益計算書のグループ(収益・費用)では、
締め切り方が違います。

まず、簡単な収益・費用の締め切り方から確認しましょう。

収益・費用の勘定の締め切り方

収益・費用の勘定は損益振替と資本振替によって、借方合計と貸方合計が一致しているはずです。
収益・費用の締め切りでは、これらが一致していることを確認してから、二重線を引いて締め切ります。

収益・費用の勘定の締め切り方

資産・負債・純資産の勘定の締め切り方

資産・負債・純資産の残高は次期に持ち越します。
よって、残高のある側と反対側に「次期繰越」を記入して、左と右を一致させてから二重線を引いて締め切ります。

その後、二重線の下に「前期繰越」を記入して、「次期から見た時にどれだけ残高が残っているか」が分かるようにします。

資産・負債・純資産の勘定の締め切り方

では、例題2で、例題1の勘定を締め切りましょう。

例題2

各勘定の残高は次の通りである。各勘定を締め切りなさい。

例題2

(4)繰越試算表を作成する

帳簿の締め切りの最終ステップです!

繰越試算表では、(次期から見て)前期から繰り越された資産・負債・純資産の各勘定の残高合計が左と右で同じことをチェックします。
「前期繰越」の残高を記入して合計をチェックすればOKです。

例題2の各勘定を元に考えてみましょう。

繰越試算表

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
1時間00

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

60 4 5 6 0 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想問題集
  • Q&A

学習メモ

学習メモ