テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

税金の種類

簿記で税金を扱う時は、税金を2つのグループに分けます。

1つ目はお店にかかる税金です。
お店にかかる税金には、固定資産税(こていしさんぜい)、印紙税(いんしぜい)、自動車税などがあり、 これらは費用として仕訳します。

2つ目は店主個人にかかる税金です。
店主個人にかかる税金には、 所得税、住民税などがありますが、 お店には関係がないので、本来仕訳は必要ありません。

グループ分類内訳
お店にかかる税金費用として仕訳固定資産税、印紙税、自動車税など
店主個人にかかる税金本来仕訳は必要無し所得税、住民税

なお、固定資産税、自動車税などであっても、 「店主個人の家」や「店主個人の車」は、お店には関係ないので、本来仕訳は必要ありません。

費用となる税金を納めた時の仕訳

費用となる税金を納めた時は、勘定科目『租税公課(費用)』(そぜいこうか)を増やします。

租税公課

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、事業用に使っている店舗の固定資産税2,000円を現金で支払った。

例題1

費用とならない税金を納めた時の仕訳

店主個人にかかる税金は、本来お店には関係ありませんが、店主がお店から資本の引き出しをして、これらの税金を支払うことがあります。
このパターンは本試験でも頻出なので、押さえておきましょう。
このような場合は、資本金と引出金のページで勉強した、『資本金』、『引出金』を使います。

では、例題を解いてみましょう。

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ個人が支払うべき住民税2,500円を現金で納付した。
(勘定科目は『引出金』を使うこと)

例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


20 4 2 6 2 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ