テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

元入れ、追加出資、引き出しとは?

商売をするためには資本金が必要です。

そこで、商売を始める時は、店主個人のお金をお店に入れて、資本金とします。
これを「資本の元入れ」と言います。

また、商売を始めた後、お店をより大きくするために、店主個人のお金をお店に追加することもあります。
これを「追加出資」と言います。

一方、お店の資本金を、店主個人のために使うこともできます。
これを「資本の引き出し」と言います。

資本金と引出金の仕訳

資本金と引出金の仕訳をする場面は、次の3通りです。

資本金と引出金の仕訳をする場面

このページでは、①、②について勉強します。③については、引出金の処理で勉強します。

資本の元入れや追加出資をした時の仕訳

資本の元入れや追加出資をした時は、勘定科目『資本金(純資産)』を増やします。
簿記3級では、純資産の勘定科目は『資本金』だけです。

資本金

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタは、ペンタ商店に現金5,000円を追加出資した。

例題1

資本の引き出しをした時の仕訳

資本の引き出しをした時は、『資本金』を減らします。
なお、資本の引き出しが頻繁に行われる時は、『資本金』の代わりに『引出金』(ひきだしきん)という特殊な勘定を使うこともあります。
『引出金』は、資本の引き出しの時だけに使われる仮の勘定科目で、『現金過不足』と同じく、資産、負債、純資産、収益、費用のどれにも分類されません。 本試験では、勘定科目一覧にある方を記入しましょう。

では、例題を解いてみましょう。

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ個人の家計費として、現金1,000円を引き出した。
(勘定科目は『資本金』を使うこと)

例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


24 4 2 6 1 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ