テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

立替金とは?

仕入諸掛と売上諸掛のページでも、 一度学習した『立替金(資産)』(たてかえきん)が、また登場しました。
前は、商品売買に関わる諸掛(しょがかり)を、他のお店に代わって支払う場面で使いましたが、
ここでは、保険料などを会社が代わりに支払ったりする場面で使います。

なお、従業員に対する立替金なので、本試験では『立替金(資産)』ではなく『従業員立替金(資産)』(じゅうぎょういんたてかえきん)が出題されるケースもあります。

立替金

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、個人生命保険料10,000円を従業員の代わりに、現金で支払った。
(勘定科目は『立替金』を使うこと)

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

給料日となり、ペンタ商店は、給料180,000円から例題1で支払った個人生命保険料10,000円を差し引いた額を、従業員に現金で支払った。
(勘定科目は『立替金』を使うこと)

例題2

預り金とは?

会社は、従業員に給料を支払う時に、
従業員が納める所得税を差し引いた額を渡すことがあります。
この所得税分のお金は、一時的に会社が預り、後日、従業員に代わって税務署に納めます。
これを源泉徴収制度(げんせんちょうしゅうせいど)と言います。
この時、一時的に会社が預っているお金を『預り金(負債)』と言います。

なお、所得税の預り金なので、本試験では『預り金(負債)』ではなく『所得税預り金(負債)』(しょとくぜいあずかりきん)が出題されるケースもあります。

預り金

では、例題を解いてみましょう。

例題3

次の取引を仕訳しなさい。

給料日となり、ペンタ商店は給料180,000円から源泉所得税15,000円を差し引いた額を、従業員に現金で支払った。
(勘定科目は『預り金』を使うこと)

例題3

例題4

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、例題3で預った源泉所得税15,000円を、現金で納付した。
(勘定科目は『預り金』を使うこと)

例題4

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


24 4 2 5 6 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ