テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

仮払金と仮受金とは?

会社によっては、従業員に出張費を前渡しする時に、「いくらかかるか分からないけれど、とりあえず10,000円あれば足りるね!」という感じで、概算の金額を渡すことがあります。
この「とりあえず支払っておくお金」を『仮払金』(かりばらいきん)と言います。

仮払金のイメージ

一方、当座預金口座にお金が振り込まれたけれど、 何の代金か分からない時があります。
このような時、『当座預金』を借方(左)に記入するのは分かりますが、貸方(右)には何を記入したら良いか分かりません。 そこで、貸方(右)には「とりあえず受け取っておくお金」である『仮受金』(かりうけきん)を記入します。

仮受金のイメージ

『仮払金』を支払った時の仕訳

上で勉強したように、取引の文章に「概算払いした」「概算額で渡した」などと書かれていた場合、勘定科目『仮払金(資産)』を使って仕訳します。

仮払金

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、従業員の出張にあたり、旅費として現金1,000円を概算払いした。

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

従業員が出張から戻り、 例題1の概算払額1,000円のうち、700円を支払ったとの報告を受け、残金は現金で受け取った。

例題2

『仮受金』を受け取った時の仕訳

取引の文章に「振り込まれたが内容が不明である」などと書かれていた場合、勘定科目『仮受金(負債)』を使って仕訳します。

仮受金

では、例題を解いてみましょう。

例題3

次の取引を仕訳しなさい。

出張中の従業員から、ペンタ商店の当座預金口座に500円が入金されたが、 その内容は不明である。

例題3

例題4

次の取引を仕訳しなさい。

従業員が出張から戻り、 例題3の当座預金への入金は、 売掛金500円を回収したものであることが判明した。

例題4

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


24 4 2 5 5 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ