有価証券をイラストで解説!

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

有価証券とは?

有価証券(ゆうかしょうけん)とは、『「価」値の「有」る「証券」』で、「株式」「公社債」(国債、地方債、社債)のことです。

株式

株式会社が投資家からお金を集めるために発行する有価証券です。
私達が「株」と呼んでいるものです。

株式を持っていると、ある期間(株の種類によって変わります)に1回配当金がもらえます。
配当金領収証(はいとうきんりょうしゅうしょう)という「配当金を受け取るための引換券」が送られてくるので、それを銀行に持っていくと配当金がもらえる、という仕組みです。

公社債(国債、地方債、社債)

公社債とは、国債、地方債、社債など、国、地方公共団体、企業が、投資家からお金を集めるために発行する有価証券です。

公社債を持っていると、ある期間(公社債の種類によって変わります)に1回利息がもらえます。
公社債には、利札(りふだ)と呼ばれる「利息を受け取るための引換券」がたくさん付いており、
支払期日の到来した利札を切り離して銀行に持っていくと利息がもらえる、という仕組みです。

有価証券の仕訳

有価証券を買った時の仕訳

有価証券を買った場合、勘定科目『有価証券(資産)』として仕訳します。

有価証券

有価証券は証券会社などを通して買いますが、手数料がかかります。

有価証券そのものの値段を、購入代価(こうにゅうだいか)
手数料のことを、付随費用(ふずいひよう)
購入代価と付随費用を合計したものを、取得原価(しゅとくげんか)
と言います。

  • [ 取得原価 ] = [ 購入代価 ] + [ 付随費用 ]

仕訳する時の金額には、取得原価を記入します。

例題1

ペンタ商店は、A株式会社の株式20株を、 1株につき1,000円で購入し、 手数料500円とともに現金で支払った。

例題1

例題2

ペンタ商店は、A株式会社の社債30,000円を、 額面100円につき95円で購入し、手数料600円とともに現金で支払った。

例題2

有価証券による利益を受け取った時

株式を持っていると、ある期間に1回配当金がもらえます。
配当金をもらった時は、勘定科目『受取配当金(収益)』(うけとりはいとうきん)として仕訳します。

受取配当金

公社債を持っていると、ある期間に1回利息をもらうことができます。
利息をもらった時は、勘定科目『有価証券利息(収益)』(ゆうかしょうけんりそく)として仕訳します。

有価証券利息

例題3

ペンタ商店は、かねてから所有するA社の株式の配当金として、 配当金領収証1,500円を受け取った。

例題3

例題4

ペンタ商店が所有する社債の利札3,000円が支払期日を迎えた。

例題4

有価証券を売った時

有価証券の価格は変動しています。
買った時より高く売れると、儲けることができますが、
買った時より安く売れると、損をしてしまいます。

『買った時の価格(取得原価) < 売った時の価格』の時

差額は、勘定科目『有価証券売却益(収益)』(ゆうかしょうけんばいきゃくえき)として仕訳します。

有価証券売却益

『買った時の価格(取得原価) > 売った時の価格』の時

差額は、勘定科目『有価証券売却損(費用)』(ゆうかしょうけんばいきゃくそん)として仕訳します。

有価証券売却損

例題5

ペンタ商店は、所有するA社の株式20株(帳簿価額20,500円)を、 25,000円で売却し、代金は現金で受け取った。

例題5

例題6

ペンタ商店は、A社の社債30,000円(帳簿価額29,100円)を、 額面100円につき90円で販売し、代金は現金で受け取った。

例題6

理解度に応じて、ふせんの色を変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
40

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

40 4 2 4 1 1 1
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る 残学習時間 残学習時間とは?ヘルプを見る
有価証券をイラストで解説!
今ココ!
問題1 株式の購入
  • 6
    問題2 株式の売却
  • 10
    問題3 社債の購入
  • 6
    問題4 社債の売却
  • 10
    • トップページ
    • 簿記の基本
    • 取引と仕訳
    • 伝票
    • 帳簿
    • 決算
    • 完全予想模試
    • 簿記3級あれこれ
    学習メモ

    学習メモ