TOP > 取引と仕訳 > 手形 > 手形の割引 > テキスト

テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

手形の割引きとは?

約束手形は、支払期日にならないと、手形の代金をもらうことができません。

しかし、支払期日の前であっても、手数料(これを、割引料と言います)を支払えば、銀行に手形を買い取ってもらい、現金化することができます。
これを、手形の割引きと言います。

割引料の計算方法

割引料の計算方法は、銀行側になって考えると分かります。

銀行側からすると、 本来、支払期日にならないと換金できない手形を、『支払期日の前』に換金してあげるわけですから、 支払期日まで、お金を貸し付けるというイメージになります。
そのため、割引日から支払期日の期間につく利息分だけ、割引料が発生するというわけです。

このような理由から、割引料の計算式は次のようになります。

  • [ 割引料 ] = [ 手形金額 ]×[ 割引率(年率) ]×([ 割引日数 ] / 365)(日割り計算の場合)
  • [ 割引料 ] = [ 手形金額 ]×[ 割引率(年率) ]×([ 割引月数 ] / 12)(月割り計算の場合)

※ 割引日数・・・割引日から支払期日までの日数
※ 割引月数・・・割引日から支払期日までの月数

例えば、10,000円の手形、割引日数が30日、割引率が年7.3%の場合、割引料は次のようになります。

  • 式)[ 割引料 ] = 10,000×0.073×(30 / 365) = 60(円)

本試験では、問題文にそのまま割引料が載っている場合と、 割引料を計算で求める場合の両方が出題されるので、 計算式も理解しておきましょう。

手形を割引いた時の仕訳

手形の割引料は、勘定科目『手形売却損(費用)』(てがたばいきゃくそん)または『支払割引料(費用)』(しはらいわりびきりょう)として仕訳します。

手形売却損・支払割引料

では、例題を解いてみましょう。

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は約束手形5,000円を銀行で割引き、割引料250円を差し引かれた手取金を当座預金に預け入れた。
(勘定科目は『手形売却損』を使うこと)

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は約束手形20,000円を銀行で割引き、割引料を差し引かれた手取金を当座預金に預け入れた。 なお、割引日数は50日、割引率は年3.65%である。
(勘定科目は『手形売却損』を使うこと)

例題2

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
30

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく


30 4 2 3 5 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想模試
  • Q&A
クラクラ徹底攻略
クラロワ徹底攻略

学習メモ

学習メモ