テキスト

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

当座借越とは?

小切手で振り出せる上限の額は、当座預金の残高です。
もし、当座預金の残高よりも高額な小切手を振り出してしまうと、どうなるでしょうか?
小切手を受け取った人が銀行に行っても小切手をお金に換金できず、小切手を振り出した人の信用が落ちてしまいます。

このような事態を避けるため、銀行との間で、当座借越契約(とうざかりこしけいやく)を結ぶことができます。
これは、「当座預金に残高が足りない場合は、銀行が代わりに立て替えておく」という契約です。

当座借越の仕訳(二勘定制)

当座借越の仕訳をする場面は次の2通りです。

  • 銀行に、代わりに立て替えてもらった時
  • 立て替えてもらった分を銀行に返した時

当座借越の仕訳は『当座預金』と『当座借越』の2つの勘定科目を使って仕訳します。
2つの勘定科目を使うので、この方法を二勘定制と言います。

『当座借越』は銀行に立て替えてもらったお金(あると嫌なもの)なので、負債です。

当座借越

上図の通り、仕訳では、負債が増加したら右、減少したら左に記入します。

なので、『当座借越』の仕訳をすると、こんな感じになります。

[ 『当座借越』が増えた時 ]

借方金額貸方金額
△△△○○○当座借越○○○

[ 『当座借越』が減った時 ]

借方金額貸方金額
当座借越○○○△△△○○○

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店から商品1,000円を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。 なお、ペンタ商店の当座預金の残高は400円だが、銀行と限度額2,000円の当座借越契約を結んでいる。
(勘定科目は『当座預金』と『当座借越』を使うこと)

例題1

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

例題1の後、ペンタ商店は現金2,000円を当座預金に預け入れた。
(勘定科目は『当座預金』と『当座借越』を使うこと)

例題2

当座借越の仕訳(一勘定制)

例題1、例題2では、『当座預金』と『当座借越』の2つの勘定科目を使って(二勘定制で)仕訳しましたが、 この2つを区別せず、『当座』という1つの勘定科目を使って仕訳をする方法もあります。
この方法を一勘定制と言います。

『当座』は特殊な勘定科目で、資産、負債、純資産、収益、費用のどれにも分類されません。

例題3

次の取引を仕訳しなさい。

ペンタ商店は、ペンキチ商店から商品1,000円を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。 なお、ペンタ商店の当座預金の残高は400円だが、銀行と限度額2,000円の当座借越契約を結んでいる。
(勘定科目は『当座』を使うこと)

例題3

例題4

次の取引を仕訳しなさい。

例題3の後、ペンタ商店は現金2,000円を当座預金に預け入れた。
(勘定科目は『当座』を使うこと)

例題4

理解度に応じて、ふせんの色を「青」「黄」「赤」のどれかに変更しましょう。

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
24

ユーザー登録すると、学習データの保存期間が無期限になります。(→ 更に詳しく

24 4 2 1 4 1 1
  • 学習状況
  • 学習状況とは?ヘルプを見る
  • 残学習時間
  • 残学習時間とは?ヘルプを見る
  • トップページ
  • 簿記の基本
  • 取引と仕訳
  • 伝票
  • 帳簿
  • 決算
  • 完全予想問題集
  • Q&A

学習メモ

学習メモ